医薬品を、インターネット販売するについてのアレコレを紹介

>

薬品のネット販売に於ける需要やルールについて

基本的なルール

ネット上でドラッグ類を売るには、事前に「薬局開設許可」や「店舗販売業許可」を受けた、実際に存在する店舗を持っていなければなりません。
しかも、その店舗は週30時間以上開店していて、お客さんが看板を見て「あ、薬局だ」と認識でき、自由に出たり入ったりと買い物し易い店である必要があります。
つまり、何処にでもある普通の薬局ですね。
そしてインターネットで販売できるのは、その実際の店舗に置いてある(貯蔵してある)または陳列してある医薬品だけです。
またインターネット販売を行う前には、管轄の保健所へ届出をしておかなければいけません。
必要な書類は「特定販売届出書」と「店舗の平面図」の2種類です(管轄の保健所に依って違う事有)。
薬を販売するなら専用の資格を持つ人が常時店舗に居なければなりませんし、インターネットのみならず対面や電話で相談できる体制も用意する事等、これらが主な基本ルールとなります。

サイトのルールと情報提供・販売のルール

サイトにはトップページに店舗の名前を表示し、実店舗の写真も掲載し、現在勤務している薬剤師や登録販売士の氏名等も掲載しなければなりません。
更に開設者名、所在地、所管自治体等、許可証の内容と営業時間・営業時間外の連絡先(電話番号・メールアドレス等)の掲載も必要です。
医薬品の販売ですから適切な情報提供は不可欠となり、購入者が情報提供の説明をキチンと理解したかの確認やこれ以上の再質問はナイかの確認をし、特に妊娠中等の場合は薬服用に注意が必要である事をキチンと伝え、表示も必要となります。
また風邪薬や咳止め等、乱用の恐れが伴う医薬品は販売個数が制限され、当然、使用期限の提示も必要です。
販売ルールに於いては医薬品をオークション形式で販売したり、購入者に依るレビューであったりクチコミであったり、推薦等は禁止です。
店舗はレビュー等で購買意欲を推進させたい所でしょうが、これは医薬品ですので許可されていません。


TOPへ戻る