医薬品を、インターネット販売するについてのアレコレを紹介

>

医薬品の分類について

医療用医薬品と一般医薬品の違い

医師が一人一人の病気やケガ、体質に合わせて処方箋を出してくれ、薬剤師がそれに基づき調剤し、対面にて使用法、用量等の指導を行い手渡すのが医療用医薬品です。
「処方薬」とも呼ばれています。
医療薬は強い効き目が期待できますが、それに伴う重い副作用の懸念もある為、必ず医師や薬剤師の指示、指導が必要な医薬品です。
その為、販売に当たっては適切な調剤設備、薬剤師が常勤の調剤薬局である事が義務付けられています。
つまり、インターネット販売は不可です。
対し、一般医薬品とは「市販薬」「大衆薬」とも呼ばれており、年齢、体質等の違う様々な人達が使える様に、効き目を調節する事で安全性を高めて作られた医薬品の事です。
ただ安全性を高めては居ても体質等により副作用の恐れもある為、リスク度合いに応じて第1類から第3類までに分類し、特に注意の必要な一部の医薬品を「要指導医薬品」と云う区分に指定し対面販売のみに限定しています。

一般医薬品の分類と違い

一般医薬品はインターネット販売が可能です。
分類別はリスクの高い順で、第1類医薬品には、強い効き目の毛髪剤や胃腸薬等が該当します。
対応専門家として必ず薬剤師が指導、情報提供する義務のある医薬品です。
次に第2類医薬品は1類よりリスクは低い点が特徴となっており、風邪薬、解熱鎮痛剤等お馴染みの薬が該当します。
対応専門家として薬剤師や登録販売者が、指導等の努力をする義務がある医薬品です。
第3類医薬品はリスクはかなり低く、分類として第1類、第2類以外のものという扱いでありビタミン剤や整腸剤等があります。
対応専門家は薬剤師や登録販売者となっていますが、指導義務等はそれ程うるさくない様です。
因みに登録販売者は一般医薬品第2,第3類のプロで、都道府県に登録された人です。


TOPへ戻る