医薬品を、インターネット販売するについてのアレコレを紹介

>

インターネット販売のメリットとデメリット

インターネット販売のメリット

メリット面で一番に挙げられるのは、利便性の高さだと思います。
いつでも何処でも購入できれば離島の人々も、夜中まで働いている方も、緊急時にも対応可能ですので、時間や場所に制限がないと云う点が最大の魅力となりましょう。
次には、他人の目を気にせず購入できる点でしょうか。
デリケートゾーンや痔、水虫と云った、あまり人に見られたくない医薬品を購入する際には大変に都合が良いと考えます。
また、自分の症状にはどの薬が良いだろう?と思案する際に、箱を開けずに中の説明書が読めると云う点も便利でしょう。
読み比べて、自分の症状に最も適した薬を選択できます。
そして、やはり安さが魅力で利用する人々も多いと聞きます。
この点に於いても、同じ薬なら少しでも安い方が良いと思う気持ちは誰しも一緒であり、理解できる所です。
ただどんな医薬品でも少なからずリスクはあると云う事実を踏まえた上で、上手に活用する事が肝心だと思います。

インターネット販売のデメリット

一番心配されているのが安全性の確保です。
日本の市販薬は優秀であり、効果効能や安全性に於いて高い評価を受けている事は確かですが、副作用が全く無い訳ではなく、以外にも年間250程の症例がある様です。
その様な事態を避ける為、薬剤師等はより症状に合った提案をし、また顔色や状態を判断の上、受診勧告をし販売を行わない事もあると聞きます。
中には「どんな薬にも副作用があるが、対面販売だから安全とは限らない」と云う意見もある様ですが、販売側が最初からこの様な考え方を持つのでは医薬品の安全性を心配する声が多いのも当然だと思います。
副作用の症例は以外と多いと云う事を踏まえて、危険は極力回避する様に販売側と消費者の相互理解を深める相互努力が間違いなく必要と考えます。
他にも転売、偽薬等、重大な健康被害の懸念もある様ですが、販売側はルールや制限を厳守し、利益最優先とならない様に務める事が大切と考えます。


TOPへ戻る